« 2010年4月 | トップページ | 2012年2月 »

2010年5月

例えば日本代表対北朝鮮代表の試合をどう見るのか

W杯が近づいていますね。

今回のW杯には日本、韓国、北朝鮮と僕に関係ある国が3つも出ています。僕はサッカー大好きってほどでもないのですがテレビで日本代表の試合やってるときは結構見てるくらいのライトなファンです。

五輪のころから大久保と松井が大好きだったのでぜひメンバー入りしてほしいけど、あのころ「若いってすばらしい」と思えた大久保のラフプレーも最近は「もういい大人なんだから・・」と思ってしまうところもあります。あと中村いらないから本田をいれろ!と思ってます。本田△!!

さて、W杯のような国対抗の催しごとだと在日は一体どこを応援すると思いますか?

当然、北朝鮮なんだろ?

いやいや、韓国籍なんだから韓国だろ?

っていうか心は日本人なんだから日本だろ?

はっずれー!正解は全部です。

日本も韓国も北朝鮮もです。

あなたたち日本人は日本だけを応援して喜んだり絶望したりするみたいですが、私たちエリート民族はあなた達の3倍楽しめるのです!

日本が勝てば喜び、負ければ落ち込み、気を取り直して韓国の試合を見るのです。

日本が勝っても北朝鮮が負ければ喜びありーの悲しみありーの。大混乱の一日になるのです。

では例えば日本代表対北朝鮮代表の試合をどう見るのか

これが結構在日の「在日度検査薬」になります。

僕の場合、実は普段は選手名もたくさん知ってる日本の試合が、一番楽しんで見られます。しかしこの対戦カードでは、北朝鮮代表にはチョンテセ選手がいる。だから、北朝鮮よりになっちゃいます。っていうかテセ寄り。でも試合中は日本の見事なパス回しからゴール前にいい玉が入ったら「うっうぉぉーー!!」って喜び興奮しながら「あぁぁぁぁ!!」と北朝鮮側のサポーター気分も味わいます。チョンテセが玉を持てば「いけぇうらぁぁ!!」と思いながら「トゥーリオとめろーー!!」と思って止めたら「止めんじゃねぇっ!!」と怒ります。亀頭をコネコネされながらアナルを刺激されつつ女王様にムチでたたかれてるかのように!

わかってもらえたでしょうか。申し訳ないけど僕はW杯を日本人の3倍楽しませてもらいます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

告白/湊かなえ

「本屋大賞2009」の大賞に選出された作品。

娘を殺された教師、その犯人である少年A・B、クラスメイトの少女、少年Aの親族それぞれの独白だけで構成される5編による連作小説である。

第1章は娘を失った女性教師による「告白」。3学期の終業式の日、教師から生徒への挨拶の時にその「告白」は始まる。

文科省のモデルクラスとして牛乳をこの1年間飲んだことに関する生徒へのねぎらいから始まり、今季限りで自分が教師をやめること、その原因は娘を失ったからだと「告白」を始める。

そして自分が娘を失った原因は新聞などで報じられているような事故ではなく、「このクラスの生徒に殺されたのだ」と告白は続く。

やがて話題は、たとえ教師といえども親というものは生徒よりも自分の子供を大事に思うのだということ、「生徒のために自分を犠牲にしてもいい」などと声高に叫ぶ熱血教師への批判、少年法の不条理、復讐とはなにか、と話は進んでいく。

娘を失った親として殺人を犯した生徒をじわじわと遠回しに責める散文的な彼女の「告白」は最後に背筋が凍るような言葉で締めくくられる。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

第1章は僕がこれまでに読んだミステリ作品の中でかなり上位に入る名作だと感じました。

娘を失った教師がやり場のない怒りをまき散らすように語る言葉一つ一つが最後の重大な告白に収束されていく様は、ミステリの傑作と呼ぶにふさわしいものでした。

通常のミステリで問題となるのは本書でいえば娘が殺された真相についてですが、この物語では告白の時点で教師はすでに「誰が、どのように殺したのか」という、ミステリの肝といえる部分を知っています。

殺人という謎が与えられてそれを解く、というのが正当なミステリのはずです。

ところが本書では謎が与えられないまま淡々と告白だけが続き最後のページをめくったときに突然「解」が与えられ、読者は不注意に読み流した「告白」の中に秘められていた「謎」に気づくことになります。

ただ、とても救いの無い物語ではあります。

後味の悪さからか、amazonの評価でも最低点を付けている方が多くいらっしゃいます。

実際、物語の主人公である教師の告白や行為はあまりに常軌を逸脱しているし、「方法」は倫理的にも許されるものではありません。そしてそんな物語を描いた作者の人間性を疑う、という気持ちをわからないでもありません。

でも常軌を逸脱しているからこそのミステリだし、倫理的にあってはならないことだからこそ驚きがあるのではないでしょうか。鉄砲で人を撃ったり、残虐に殴り殺したり・・・。そういった殺人は許容するのにこの「告白」を許容しないというのはきれい言にしか聞こえません。当事者が教師であり学校であるという点からなのかもしれませんが、この作品を許容しない精神はよくわかならいです。そもそもですが「娘を殺された親」の感情を思えば共感のほうが多くあるべきだとすら僕は感じました。

また、本書が「本屋大賞」に選出されたことへの疑問も多く見受けられました。

確かにかつて「夜のピクニック」を大賞に選出したような賞が、この作品を大賞に選出するというのは驚きではあります。たとえば芥川賞だとか直木賞だとか出版社が主催しているような賞であれば「選出されるべき作品の傾向」があり、おそらく「夜のピクニック」を選出する賞は本書を大賞には選ばないでしょう。

にもかかわらず、本書のような傾向の全く違う作品を選出できるのは「本屋大賞」だからこそでり、本書の受賞はまさに本屋大賞が「純粋に本屋店員が良いと思った作品を推薦する」という使命を全うした結果だと思います。

純粋にミステリを楽しむ事が出来る方にはとてもオススメできる作品です。

一方で、第1章だけではなく全編通して徹底的に後味の悪さが残る作品なので、そういったものを敬遠したい方は読まないほうが無難かと思います。

告白

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2012年2月 »