« オーデュボンの祈り/伊坂幸太郎 | トップページ | 高校球児ザワさん/三島衛里子 »

武士道シックスティーン/誉田哲也

北乃きいと成海璃子ダブル主演での映画が今春公開される同名映画の原作。

装丁のかわいさやタイトルか滲み出るいかにも青春っぽい雰囲気の通り、剣道を題材にして二人の少女の出会い、そして成長が描かれる。

宮本武蔵の「五輪の書」を愛読し、兵法家として強くなる事を目指す香織。彼女は時代錯誤と思われるほど剣の道を究めることに傾倒しストイックに己を磨く。

中学の全国大会で準優勝したほどの実力者である香織が肩慣らし程度に参加した市大会で突如正体不明の強敵が現れ、香織は負けてしまう。

不気味な強さを持ったその相手と再戦し打ち倒すために、香織は剣道名門校への進学を決める。

一方、市大会でとても強いと噂の選手をなぜか倒してしまった早苗は剣道名門校の付属中学を卒業し高校に入学した。

そこで早苗は、剣道は滅法強いのに時代錯誤も甚だしい程にストイックな香織と出会う。

やがて香織は、早苗があの謎の強敵であることを確信するのだが、あの市大会での強さを微塵も感じさせない早苗に納得がいかない。何より早苗自身に、強さの憧れが無く香織を打ち倒そうとする気迫が無い事が許せない。香織はあらゆる手段で早苗を挑発して本気にさせようとするのだが、二人の間にはあまりにも熱量の差があった。早苗にとって剣道とは自分との戦いであり、勝敗に関わらず以前の自分よりも今の自分が優れていること、成長出来たことを実感することが最も重要なのであった。

やがて香織はその実力が認められてチームの団体戦メンバーとして大会に臨み次々と勝利を挙げていく。しかし、香織にとってはチームの勝敗などよりも自分がどれくらい勝ったか、どれくらい強いかということだけが意味のあることであり、チームメートでさえもいかに打ち倒すかという事だけが気になる存在であった。

そんな香織の姿勢はチーム内の反目を生み、大会中の怪我と合わさって香織は部活への参加を禁じられてしまう。

そんな時、とある事がきっかけとなり香織は何故自分が強くなろうとしているのか、強くなってどうするのかという疑問にぶつかってしまう。迷いを断ち切れない香織は復帰した部活でもふがいない結果を出してしまう。全ての自信をなくしてしまった香織は部活を辞めることを決める。

そんな香織に早苗が条件を出す。市大会――二人が出会ったあの大会で、もう一度勝負しよう、と。

そして早苗が勝ったら部活に戻って来る事を条件とした。

それは、己の成長を中心に据える早苗にとって初めての「どうしても他人に勝ちたい試合」であった。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

本書は剣道を中心に2人の成長を描いていますが剣道未経験者でも全く問題なく読み進めることが出来ると思います。

物語は主人公2人が交互に一人称で描かれ、難解な表現や謎などもなく文章も素直で読みやすくなっています。

香織が部活内で浮いてしまう所など重くなりがちな部分もありますが、文体が軽やかなので終始さわやかな気分で読み進めることが出来るはずです。

また、全3巻ではありますが一冊ごとに話は完結しているため、とりあえずこの巻を読んでみるということも可能で高校生・大学生や、これから小説を読み始めるという人にはよいのではないでしょうか。

|

« オーデュボンの祈り/伊坂幸太郎 | トップページ | 高校球児ザワさん/三島衛里子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257139/34389808

この記事へのトラックバック一覧です: 武士道シックスティーン/誉田哲也:

» 映画「武士道シックスティーン」成海璃子のまん丸の顔を見てきました [soramove]
「武士道シックスティーン」★★★ 成海璃子、北乃きい、石黒英雄主演 古厩智之監督、109分、 2010年4月24日公開、2009,日本,ゴー・シネマ (原題:武士道シックスティーン)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「成海璃子は最近生彩が無い、 太ってしまったからだ、 でももしかしたら今度の作品は良く出来てるかも、 そんな期待を抱かせる女優でもある、 ということで、タイトル見ただ... [続きを読む]

受信: 2010年5月12日 (水) 20時00分

« オーデュボンの祈り/伊坂幸太郎 | トップページ | 高校球児ザワさん/三島衛里子 »