« 高校球児ザワさん/三島衛里子 | トップページ | 告白/湊かなえ »

週末のフール/伊坂幸太郎

8年後に隕石の衝突によって人類が滅びる。

―その事実を知った人々はは大混乱に陥った。

ありもしない「安全な場所」に避難しようと足掻き、食料のために略奪をし、人を殺し、恐怖が世界を支配した。

その発表から5年後、終わりの時まであと3年という状況で、混乱は一時的に収まり街は小康状態を保っている。

そんな世界を舞台にとあるマンションの住人の物語を描いた連作小説。

恐怖と安定が危ういバランスで保たれている世界での、娘と不仲な父親や、妻が妊娠した優柔不断な夫などのありふれた日常生活が描かれている。

---------------------------------------------------------------------------------------------

伊坂幸太郎作品にしては珍しくミステリではなく、「生きる」事を大きなテーマとした人間物語です。

僕はこの作品を残念な秀作だと感じました。

その最大の原因は、物語の中で世界が終わる事とそれぞれの物語に必然性が無いことです。

例えば表題作、「終末のフール」では親子の諍いとその和解が描かれますが、彼らは世界の終わりがあろうとなかろうと同じようにいつかは和解したはずです。

これはどの物語にも言えることで、世界の終わりという大上段なテーマは「人はいつか死ぬ」事をわかりやすく強調する役割にしかなっていません。

そのつもりで書いているのでしょうけど、せっかくの設定がもったいないと感じます。

世界の終わりというテーマはよくあるものですが、それを3年後に控えた安定期の物語という設定はとても面白く感じていたのに、それを設定無しでも十分描ける小さな物語に利用してしまったことがとてももったいなく感じます。

とはいえ、少し間抜けなのに理知的な会話やサクサクっと伏線回収という伊坂幸太郎らしさは健在で、それなりに楽しみながら読み進めることが出来ました。なので「残念な秀作」です。

個人的には「演劇のオール」の題材で1冊書いた方が面白そうだと感じました。

終末のフール

|

« 高校球児ザワさん/三島衛里子 | トップページ | 告白/湊かなえ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257139/34389833

この記事へのトラックバック一覧です: 週末のフール/伊坂幸太郎:

« 高校球児ザワさん/三島衛里子 | トップページ | 告白/湊かなえ »