« 屋上ミサイル/山下貴光 | トップページ | オーデュボンの祈り/伊坂幸太郎 »

ヘヴン/川上未映子

斜視が理由でいじめられている"僕"と、同じようにいじめられている少女・コジマ、そして利己的ないじっこの関係を基に"善と悪"というテーマを扱った物語。

ある日"僕"のもとに送り主不明の手紙が届いた。何度か手紙のやり取りを続ける内に、やがて"僕"と送り主は会う事になる。

その送り主は、薄汚い恰好をしているという理由でいじめられている同級生の女の子・コジマであった。

同じ境遇に在る者同士の二人は徐々に心を通わせていき、"僕"は少しづつコジマの事を知り、興味を持っていく。

例えばコジマが薄汚い恰好をしているのは、父親との思い出の「しるし」としてあえてしているのであった。

そしてコジマは"僕"の事を「しるし」を持つことによって理不尽な暴力に晒されている「仲間」だと言う。

"僕"と出会ったことでコジマの中に"強さ"強さが生まれていき、いじめられること、やりかえさないこと、今生きていること、そんな全てに意味があるのだと語るようになる。いじめをしている「彼ら」には、いじめることで生まれる"僕ら"の思いなんて理解できない。それをわかっている"僕ら"が、弱くて、でも本当は一番強いんだ、と。その"強さ"こそが"正義"なのだ、と。

全てに意味を見つけて強くなるコジマを見ていて、なんだか少し遠くに行ったような気がする"僕"。

一方、いじめっこグループの一人である百瀬は別の"強さ"を"僕"に語ります。

"僕"とコジマをいじめている百瀬たちの心は痛まないのか、いじめることに何の意味があるんだ。そう訴える僕に百瀬は言うのです。

意味なんて元々ない。"正義"なんかでもない。いじめをしていてもても自分は痛くもかゆくもない。大して面白くもない。ただ、いじめてるだけだ。もちろん、いじめることに意味などない、と。

ところがある日、「しるし」であるはずの斜視が手術によって治るということを"僕"は知ってしまう。

コジマの言う強さも百瀬の言う"強さ"も"正義"も"意味"もよくわからない。けれど、斜視を直せばいじめから逃げられるのではないか。

「しるし」を失っていじめから逃げ出せるかもしれない。でも、「しるし」を失ったとき僕とコジマの関係はどうなるのだろうか―。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

本書が面白いかどうかと問われると、ぜんぜん他人に勧められるものではありません。

グロすぎるいじめの描写や、僕とコジマの少し湿っぽい心の交流など決して娯楽作品として喜んで読むようなものではないと思います。

そして、登場する全ての人物が年齢よりもはるか論理的なのです。彼らはあくまでも作者の意図を極端切り分けた人格でしかなく、ある意味では川上未映子さんの一人芝居のようなものです。

僕は川上未映子さんの言語感覚がとても好きなのですが本書でもその片鱗を垣間見ることが出来ました。

いじめられることの意味を自分の言葉で話し続けるコジマのちょっと回りくどい言い回し、そしてコジマにとって大事なこと―なぜ大事なのか"僕"にはわからないけど―を2回繰り返す癖、「うれぱみん」だとか「~なのです」といったちょっと演技がかったような少女独特の浮遊している言語感覚。

コジマの「髪が固くて多い」だとか「鼻の下に産毛が生えていて常に少し黒い」というような決して美人ではないという描写・設定。――もしこの物語を男が描いた時、いじめられている僕を救う光であるコジマは、外見が優れてるという設定になるに違いありません。そしてコジマではなく小島であるはずです。

また、(これは計算してやっているのか微妙ですが)百瀬とのやり取りの中にある、小説に関するやりとり。紙の向こうで"僕"がうけている屈辱的ないじめが紙のこっち側から眺めているだけの僕にも届くような、反論したくても出来ない悔しさを共有させているかのようです。

そしてクライマックスの最中、"僕"の中で渦巻くコジマと百瀬が言う"強さ"という言葉の意味。

でもやはり"僕"の心情が強まる部分やコジマが熱く語るシーンでは川上未映子さんの持つ言葉のリズムが溢れていて、鍵カッコにはさまれて文字が詰まりすぎているようなページでも波にのせられるように自分も揺れながら読み進めることが出来ます。

結論から言うと本書は誰にも薦められません。川上さんの大ファンの方であれば過去の作品に比べてその独特な言語能力が影を潜めているようにも思えるだろうし、ファンじゃない方にとってはリアリティのないいじめと哲学遊びを見せられているだけの物語だからです。

個人的には、稀代の日本語使いである作者がその爪を短く切って研いでいる途中であって、その結果爪は折れてしまうのか、あるいはより頑強で鋭く美しいものに変貌するのか、と今後の作品を楽しみさせられるだけの価値はありました。

ヘヴン

|

« 屋上ミサイル/山下貴光 | トップページ | オーデュボンの祈り/伊坂幸太郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

投稿: 藍色 | 2013年2月 8日 (金) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257139/34389788

この記事へのトラックバック一覧です: ヘヴン/川上未映子:

« 屋上ミサイル/山下貴光 | トップページ | オーデュボンの祈り/伊坂幸太郎 »