« 宮台真司氏と金明秀氏がtwitter上でしていた外国人参政権に関するやりとりを読んでて在日が思ったこと | トップページ | 屋上ミサイル/山下貴光 »

人生最高の○○はなんですか?

前に友達と飲んでいる時「人生最高の映画ってなに?」という話題になりました。
この質問に僕はとても困ってしまったのを覚えています。

この「人生最高の」というのは中々恐ろしい枕ことばですよね。その問いに対する回答にまるで自分自身の人生全てが背負わされるような気になる。ましてその場には、映画を愛し、たぶんきっと僕が知らないようなおフランスのマイナー映画みたいなのを大量にみてそうな、いわば映画リテラシーの高そうな人もいる。ここでうかつに日本のメジャーで低俗で有名で商業的な映画なんて口走ろうものなら、「程度の低い人間」だとおもわれてしまう!

・・・とはいっても会話の相手は友達なのでそんな身構える必要もないのですが、なんか多少はかっこつけたいなぁ、などと思って必死に【人生最高 映画】で脳味噌に検索かけてみたんですよ。

でね、結局検索最上位に来たのは「下妻物語」であって、そりゃあもう”日本のメジャーで低俗で有名で商業的な映画”なわけですよ。ここでの”低俗”というのは僕にとっては褒め言葉ですけどね。

そして言った瞬間の気恥ずかしさったらないし、周りはよくわからない海外映画の名前とか監督名とかいうしで、自分のほっぺたむぎゅーってして、首ぐりんぐりんぐるんて振って一回転させたかったですよ。でも言ってみておもったんだけど、下妻物語が人生最高の映画でいいじゃん。最高の2時間の過ごし方だったよ、実際。で、たぶん周りも思ってたと思うんですよ。下妻物語が人生最高の映画でいいじゃん、って。

僕は映画に関してはどこまで行っても”視聴者”であってエンターテインされる側なんですよ。だから、自分が楽しめたものが一番でいいんですよ。

逆に映画を使ってエンターテインする側の人、いずれしようとしてる人はそれじゃあ駄目なんですよね。自分が作る事を念頭に置くと、自分が作るものに影響を与えるものほど、プラスをくれるものほど、あるいは、方向転換させてしまうような強烈なものほどたぶん人生最高になるんですよ。

だからもし僕が映画監督を目指してたなら「一番楽しかったから下妻物語」じゃ駄目だけど、目指してないし、1500円で2時間楽しく過ごしたいだけだから「下妻物語」でいいんですよ。いいんですよ。大事な事だから2回言いました。いいんですよ。自分を信じ込ませたいから3回言いました。

さて、この「人生最高の○○」というのは中々面白い問いでその人の中身と言うか、成分と言うか、構成する重要素がわかるキーワードだと思います。

○○の中に色んな言葉を入れて質問すればたぶんその人の本質に触れる事が出来る気がするんですよね。音楽、小説、漫画、十分、一日、季節、人、恋、思い出、楽しかった事、つらかった事、悪事、涙・・。この質問さえあれば親友となら朝までガストでドリンクバー頼んで話しこめそうでしょ?

なんなら○○の中に適当なフレーズをいれてもいいかもしれない。右手、おかず、雨の日、ペットボトル、敗戦、勝利、テレビ番組、掃除、喧嘩、大便、遅刻、睡眠、ロシア、椎名林檎・・などなど。人生最高のロシアってなんですか。誰か教えてください。

中でも普遍性がありそうな音楽について書いてみたいと思います。

今この記事を読んでる人も自分に問いかけてみてください。

「あなたの人生最高の音楽は何ですか」

これ、すごく難しいですよね。単純に曲のメロディーの事なのか、詩も含むのか、あるいはそれを歌うミュージシャン自身への評価を含むのか。むしろ詩限定での人生最高もあるし、楽曲が人生最高ではなくても自分にとって人生最高のミュージシャンというのもいますし。そして何より、この問いにおいてむずかしいのって「いつの自分にとってなのか」という部分だと思います。

音楽って僕らの世代だと中学生くらいからほぼ毎日関わってるものなうえに次々と新しいものが耳に飛び込んでくるから、時が経てば人生最高もかわるんですよね。しかも人生最高と言えるほどの音楽は、ほとんどの場合、別の「人生最高の○○」と結びついてると思うんですよ。

人生最高の恋、別れ、夏、卒業、映画とか。

その思い出に優劣はつけられませんよね。なので、問いを変えて「人生最高の○○に関わる音楽はなんですか?」か「人生最高の○○(音楽に関する単語)」で行きましょう。もちろん、自分の思い出と繋がりが全くないのに好きな作品とかもあるし、思いついたお題で何個か出してみます。回答は凄く低俗だと思います。何しろ僕、音楽もエンターテインされる側ですから。

と、いって書き始めたらあまりにもメジャーな曲ばっかで恥ずかしくなったのであまり有名ではない曲だけをピックアップ!

人生最高の詩が好きな歌手

一青窈さん。この人の歌詞は常に説明足らずなんだけど、伝えたい事の大事な部分だけはしっかり残しているので、意味は伝わらないのに曲の向こう側にある物語はうっすら見えてて気持ちは伝わる、と感じる。きっと山ほど溢れる言葉から引き算を重ねて純度の高いものだけを残しているんだと思う。悪く言えば思わせぶりなんだけど、聴いてて事情も知らないのに切なくなってしまう。川上未映子さんと対極にいる人だと思う。有名な『ハナミズキ』の”君と好きな人が百年続きますように”っていう言葉も好きだけど特に好きなのはこの『影踏み』という歌と『かざぐるま』という歌。この曲の裏にある物語をすごく想像させられる。最初の『もらいなき』聴いた時はただのイロモノだと思ってたんだけど、アルバム聴いててものすごく好きになってしまいました。

影踏み

人生最高の卒業ソング

これはコブクロの『同じ窓から見てた空』。厳密には卒業ソングではないんだけど、同窓会をテーマにした曲で、卒業した後の人が卒業を思い出して共感できる歌だと思います。今や売れるっぽい曲しか書かなくなってしまった感があるコブクロだけど、この曲が入ってる『NAMELESS WORLD』というアルバムまでは、おおっと思うような詩が結構あって大好きでした。
この曲の中のワンフレーズ”男には色々あるんだ”なんて、そんな詩じゃうれないだろという。潔いわ。

同じ窓から見てた空

http://www.youtube.com/watch?v=Rc0kd7YPvrQ&feature=PlayList&p=3F90B989D4160D4C&playnext_from=PL&index=15

人生最高の感謝を伝える曲

SOPHIAの『Thank you』。ベストアルバムの中に新曲として入ってた歌です。メロディーもすごく好きなんだけど2番のサビの”僕らも大人になって 誰かの親にもなって やがて土なろう”という歌詞が染みる。この曲はたぶん卒業の歌でもあって感謝と決別が込められているんだけど、さようなら、っていうだけじゃなくてお互いの未来まで見ているっていう視点がとても新鮮な気がしました。説明になっているのか、これで。

thank you

人生最高のイントロ

MAROON5の『Sunday morning』イントロのピアノから"Sunday morning rain is falling"まで雰囲気が完璧すぎる曲です。僕はこの曲を2年間目ざましにしてました。イントロを聞くためだけに。

sunday morning

というわけで人生最高の音楽、というお題でちょっと書いてみました。人生最高の夏の歌っていうテーマで考えてたら7曲出てきてしまって即没になったりしましたが。

人生最高の○○ってたぶんいいブログネタになると思うんですよね。

さぁ、ブロガーの皆さんレッツトライ!テーマは『人生最高の朝青竜』で。

|

« 宮台真司氏と金明秀氏がtwitter上でしていた外国人参政権に関するやりとりを読んでて在日が思ったこと | トップページ | 屋上ミサイル/山下貴光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257139/34261010

この記事へのトラックバック一覧です: 人生最高の○○はなんですか?:

« 宮台真司氏と金明秀氏がtwitter上でしていた外国人参政権に関するやりとりを読んでて在日が思ったこと | トップページ | 屋上ミサイル/山下貴光 »