« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

悪人/吉田修一

「悪人は誰なのか」というテーマに対してとことんリアリティをつきつめて描いた作品。

この物語にはこんな人々が登場する。

出会い系で出会った女に冷たくされたからと殺し、それを隠し、さらには殺人後に新たに出会い系で出会った女を連れて警察から逃げる男。

初めて行った風俗で店の女に恋をし、まめにお店に通い、時にはおなかを空かせているであろう女に弁当を持っていってあげる。一緒に暮らしたいという願いを叶えるために家を借りたにも関わらず、女に逃げられてしまう男。

自分を育ててくれた祖父母の面倒を良く見て、祖父を病院まで送ったり、時には近所の老人をも送ってあげる優しさを持った男。

車にしか興味が無く、性格はやや暗めでまわりからは物静かで何を考えているかわからないと思われている男。

この本を読むと普段僕らがニュースで見る「殺人が起きた事」と「加害者が逮捕された」という物語が点でしかないことを思い知らされる。容疑者として晒されている顔写真だけの人にも彼の人生があり、加害者となるまでの文脈があり、彼の罪を憂う親がいて友人がいる。

「根っからの悪人なんていない」だとか「殺人を犯すほどの理由が誰にだってある」だとかを言いたいんじゃない。ただ、間違いなくすべての人間に過去があり、感情がある。

当たり前のようでいて、物語としてそれを見せるのは難しい。

正義の主人公は終始一貫して元気で明るく正義を声高に叫ぶ存在であるべきだし、悪人は殺されるべき運命を持った者として描かれなくてはならない。

一つの物語で人物の多面性を移せばそれは「キャラが定まっていない」という評価になる。あくまでも登場人物は極端な一つの性質を持ち、いくつかの「やむをえない理由」によってのみ別の面を見せることが出来る。

そんな物語の常識を張り倒し、現実的な「人間」を描いた名作がこの「悪人」だ。

何しろ、僕が上のほうで書いた登場人物「たち」は全て同一人物なのだから。そしてそんな彼の多面性が心の病などではなく、一個の人間の中に埋まっている事を違和感無く受け入れる事ができるからだ。

オマケ

僕は司馬遼太郎が大嫌いだ。彼の物語でも、「悪人」と同じように人間の多面性が良く描かれる。しかし、彼のは描いているというよりも「物語の都合上そういう性格じゃないと困るからそうします。」といった感じでただ作者自身がいきなり紙の上に登場して「彼は~~という一面も持っていた」と喋るだけというひどさ。それに比べて吉田修一の筆力は圧倒的だともう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

twitterを2ヶ月くらい使ってみて

twitterを2ヶ月ほど使ってみました。ポスト数が150くらいなので1日2回以上のペースでつぶやいてたって事か。

以下所感。

・やっぱり「ブログを書く」というモチベーションが落ちていく。

言葉を発することって普段意識している以上に、自分を切り刻む行為だと思う。中に溜まっている物がなければ出来ない。それを毎日140文字でも出していたら、そりぁ1,000-3,000文字を書くだけのものなんて溜まりようも無い。

・自分にすごく向いている。

どちらかというと悪い意味での多面性がある僕は、やけにセンチメンタルな気持ちになってた1時間後には在日の事を真剣に考えてたりする。そういう思いを取りこぼさずに拾って残していけるのはなんだかとてもよい。それって日記で書けばいいことなんだろうけど、なぜか他人に晒したいと思ってしまうのって、なんなんですかね。

これって僕ら世代特有の特徴であり、常識であり、そして病気ですよね。

何だかんだいって、「誰かに反応してもらいたい」「誰かと共感したい」「ただの露出狂」といったところでしょうか。中学時代がチャットやら掲示板、携帯メールの興隆期だった世代は、きっとたぶん何をするにも誰かのリアクションを求めてしまうとこがあるんじゃないでしょうか。僕なんか特に上の3つにどっぷり浸かってたんでもう治りません。

・ネットリテラシーの様々

とりあえず有名人数人と、ニコ生とかみて好きになった人、数人のリアル友人、言葉遣いが素敵な人をフォローしてみたんですが、まぁやっぱり、フォローしてなかった友人に見つかってフォローされてほぼ実名で呼びかけられました。プロフィールに書いてないんだから呼びかけんなよ!というのが僕にとっては常識なんですが、そうじゃない人もやっぱりいるよね。あと日本人が「特定」されるのと在日が「特定」されるのはちょっと重みが違うんだからわかってくれよ!というのはわがままですかね。僕ですら実名でググれば出身校と過去にした政治的発言出てきますから勘弁して欲しいです。

とはいえ、気軽にtwitter使ってる人にそれを求めるのは傲慢だとも思うのです。だから、今使ってるアカウントはあんま危ない発言しないようにすることにしました。

ふぉろわーに気を使わないといけないなんて、結局mixiみたいになっちゃいそう。

・なにそれ(ネトウヨ)こわい

プロフィールには何も書かないでいたのですが、フォローした人が僕のブロフィール見たときに何も書いてないのはあまりに不親切だと思ったので書いてみました。「朝鮮学校卒」とかいた3時間後には僕をフォローし始めた人、こわいってwwめっちゃ在日批判してるじゃんwwその人のふぉろわーはアイコンの右下に日の丸が描いてある人ばっかだし(あれは何かの団体の目印何ざましょうか?)。発言を監視されているのでしょうか。まぁ、気にせず思ったこと発言します。ただ、変な事を言ってきたらリツイートするかパロってやろうとちょっとわくわくしてる自分が恐い。

そんな感じです。

そうそう、誰かのツイートみて思ってたんですけど、twitterって「大喜利」とものすごく親和性が高いと思うんですよね。僕実はネットの大喜利大会見たいのにもちょこちょこ出てるんで、twitterでもやりたいなぁと思ってます。僕にふぉろわーが1,000人いたら発起人になるんですが今のところムリです。ちょっと有名な人が呼びかければすぐ出来るんじゃないかしら。ファボられた数で勝敗も付けられそうだしね。どっかで開催されてたら是非とも参加したいものです。

とりあえず、twitterはまだしばらく続ける事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝鮮学校無償化について在日がつらつらと

外国人参政権と並んで今後の在日コリアンにとって大事な問題となりそうなこの話題について考えてみます。

こういうことを記事に書くときは事前に本を2,3冊読んだりして変な突っ込みをうけないようにするのですが、今回無勉強で書いてみようと思います。yahooのニュースとかでちょっと読んだだけの状態です。この記事を書いた後ちょっと勉強して何回か書いてみます。

というわけで今回の記事は、この問題に詳しいわけでもないただの在日がなんとなく思ったことを書いている状態なので、あとになって自分で訂正する可能性が高いです。

さて、今回の無償化って確か公立高校が対象なんですよね?んで支給額は12万円のはず。朝鮮学校の授業料って今僕が覚えてるだけでも、雑費その他を全部抜いても36万以上かかっていたので無償化ではないのではないかな。

で、なんで高校を無償化するんだろう。

ある意味では義務教育というか日本国民が受けるべき教育の最低基準を中学から高校に押し上げる意味があるのかしら。公立限定ではあっても。

それはつまり、これからの日本社会を担う子供たちの教育レベルの引き上げが目的ですよね。

要はその学校を卒業した子供たちが日本の役にたってるかどうかが大事だと思うんです。

だから問題は、朝鮮学校を卒業した生徒たちが果たして日本社会の役にたつのか?って話か。

例えば僕は朝鮮学校卒業後に、日本の国公立大学に入って今、日本のとある企業で働いてます。この場合、日本社会に貢献してますよね。

右翼くさい人の意見とかで朝鮮学校のことを「工作員を養成する学校だ」なんて言ってるけど100%それはないって言いきれる。

外から思ってる以上にふつうに高校生してるよ。授業を受けて部活をして、買い食いしながら帰って、ゲーセンいったり喧嘩したり、恋愛したり。

少なくとも学生は意図をもって反日活動したりしないよ。

むしろ問題は卒業後に朝鮮大学行ったり総連とかに就職した人かな。

僕はこれらの内部を知らないので「悪いことしてない」なんて絶対に言えない。そもそも何をしているのかよく知らないんですよ。朝鮮学校卒でも、卒業後に日本社会に出て行ってしまえばその程度です。

無償化に反対する人たち向けに公開授業でしてみたら?

まぁ在特会みたいな頭おかしいやつらが来て、生徒たちに反日感情を植え付けて帰るだけかもしれないけどね。

さて、つらつらと書いてみたけど今の所やっぱ賛成も反対もできないや。

勉強してまた書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »