« 初めて「文章の書き方」を学んだ | トップページ | 朝鮮学校も無償化? »

20分速記

いきなりだけどやることがなくなってしまったんで20分速記開始。

最近あったことといえば、会社の研修か。研修受けてていつも思うんだけど「質問ありますか」っていわれて本当に質問するやつって何なの?いや、おれが頭おかしいのかもしれないけど、質問の9割が意味ないと思うんですよ。

大体

・ググレカスで片付く質問

・説明したのに理解力不足だからしちゃう質問

・説明者がわかるはずもない質問

・質問者が興味あるだけで、研修目的とは全然関係ない質問

・研修の中で出てきた特定の一分野に特化してる人間が自分の知識をひけらかすための質問

・言葉のニュアンスを読み違えてる質問

じゃない?

確かに質問がひとつも出ないと説明した側の人間が寂しいのはわかる。

でも、ああいう研修の場だと、「この質問したことで出てくる回答が、受講者全員にとっても有意義な回答になる」とこまで想定しないとおれは質問できないわ。どうしても聞きたいけど、自分が興味あるだけの質問の場合は休憩時間に個人的に聞くし。

いや、おれの頭のほうがおかしいのは十分わかった上ですけどね。そんなこと考えてたら質問一個も出ないしね。ただ、時間オーバーしてるのに意味ない質問してる人みるといらいらしてしまう。あの「質問をする自分かっこいい」ってなんというか就活病だよね。でも本当に「ググレ」で終わる質問は勘弁してくれんかね。

ふぅ。

そういえば無農薬有機笑い?みたいなタイトルのお笑い記事かいてるブログで笑い飯の鳥人が面白い理由を「鳥人のことを差別してるからだ」と書いてた。おれこのブログ愛読してるし、うなずける部分多いんだけど、この記事はひどかった。

笑いと差別が結びつくのは誰でもわかることだけど、あのネタを差別と結びつけちゃうのは「策士、策にはまる」状態だよね。あのネタを見て鳥人を差別して笑ってた人間なんて一人もいないよ。断言できる。

むしろあのネタは「ないないあるある」なんだって。普通のコントだと「ありえるシチュエーション」を用意して、その枠の中での常識を裏切ることで笑いを生むじゃない。

でもあのネタは「鳥人がいて子供と友達になろうとしたら」っていう「ありえないシチュエーション」なんですよ。普通こういう設定はシュールとか言われちゃうネタだよね。観客をある程度置き去りにして「わけわからんww」みたいな笑いを生むのよ。

ところが、ここからが鳥人のすごいとこなんだけど、ありえないはずの鳥人を「人間と鳥のつむぎ目」という言葉で一気に観客の想像力を働かせてリアリティをもたせてる。んでそっから「飛べやしないけどね」とかでどんどんリアリティを持たせる。

普通のお笑いだと、常識を裏切ってズレを生むのに、鳥人は逆に非常識にリアリティをもたすことでズレを生んでんのよ。たぶん、今の若い世代はこのパターンを応用したネタ作り始めるはず。今年のM-1でも一組くらいはこのフレームでくるかも。

じゃあこのフレームが珍しいのかといったらそうでもないんですよ。

例えば伊集院光のらじおでは数年前から「ないないあるあるコーナー」っていうのやってます。これは普通のあるあるはもう枯渇しているから、「ありえないシチュエーションでのあるある」ネタを送るというハガキコーナー。例えば「映画:"オッパイバレー"に対抗してTBSが作成した"アヌス鉄道研究会"のあるある」というテーマとかがある。

ネタの例は確か「アヌス鉄道パン発売」、「主演:堀越のり」、「最後に先生のアヌスを見せてもらうシーンで、電車が通り過ぎて大事なとこが見えない」とかがあったはず。

他にもモノマネ業界もそう。普通に似てるだけじゃあもはや当たり前すぎて、「もしアントニオ猪木がコンビニ店員だったら」みたいなありえないシチュエーション+そっくりな声真似で同じフレームにしてる。

このフレームを漫才に持ち込んだのが今回の鳥人ネタなんだって。あれを差別とか笑わせんな。

あと差別と笑いをイコールだと思ってる記事も結構見る。ハックルベリーの人とかもそんなんかいてるし。あの人ってテレビ作ってる人じゃなかったっけ。そんな精神で作ってたならホント手の施しようがないな。作り手のモラルの低さが怖いわ。

ちょっと笑いと差別の話書こうと思ったらあと一分でタイムアウト。毒吐いただけになってしまった。ごめんなさい。こういうのって名前あげた人のブログにトラバしたほうがいいのかな。したら宣伝みたいだし、しないとただの悪口か。よくわかんないね。

|

« 初めて「文章の書き方」を学んだ | トップページ | 朝鮮学校も無償化? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257139/33363026

この記事へのトラックバック一覧です: 20分速記:

« 初めて「文章の書き方」を学んだ | トップページ | 朝鮮学校も無償化? »