« M-1 2009 決勝進出者決定 | トップページ | 京都朝鮮第一初級学校に在特会が抗議 »

M-1 2009 順位予想

■M-12009 決勝戦順位予想

決勝進出者発表のときに磁石が落ちた事がショックすぎて暴言をはいてしまいましたが、僕はお笑い芸人さんが大好きです。笑いに人生をかけるというのは本当に羨ましくすばらしいことです。

だからもう一回公平に予想してみます。(といってもやっぱり好き嫌いは入ってしまってると思いますが)。

■ネタ順の良し悪し

どうやらネタ順も決まっているみたいなのでまずはネタ順をどうぞ。

1. ナイツ(マセキ芸能社)
2. 南海キャンディーズ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
3. 東京ダイナマイト(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
4. ハリセンボン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
5. 笑い飯(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
6. ハライチ(ワタナベエンターテインメント)
7. モンスターエンジン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
8. パンクブーブー(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
9. 敗者復活戦勝者

手数勝負の面白さを提示-1、ナイツ 

昨年のM-1は上位3組が圧倒的な大会でした。その中から、優勝者のノンスタイルが落ちて、最もインパクトがあったオードリーは不参加、そしてナイツだけが参加しています。

そんなナイツが最初にネタをやる、というのは中々面白い展開です。
一昨年のサンドウィッチマンから昨年の最終決戦まで、勝負の分かれ目は「いかに大量に笑いを積むか」でした。そんなマシンガンで打ち込む勝負の間にどれだけの大砲を合間に入れていけるかが順位の決め手であり、昨年笑いの質で勝負した組は事実上勝負の土俵にすらあがれていなかったくらいだったと思います。上位の3組は大砲の量が圧倒的でした。

昨年の最終決戦の3組のマシンガンは、もう4分間で打ち込める限界まで行っていたと思います。手数の出し合いで勝負しても昨年を越えることはできません。だから、今年は量の勝負から徐々に質の勝負に転換する節目の年になると思います。

そんな中で一番最初にマシンガンの代表としてナイツがネタをするというのは「量の勝負というのはこれくらい面白いよ」という提示なのです。昨年の流れを受けつつ、その面白さを再認識させて、そして今年のM-1における全ての基準となります。トップバッターは毎年不利と言われますがナイツに限っては昨年の流れを思い起こさせることが出来るここがベストといえそうです。

質の笑い-2、南海キャンディーズ・3、東京ダイナマイト、4、ハリセンボン

そのあと、2、南海キャンディーズから4、ハリセンボンまで質で勝負するコンビが続きます。
ナイツが提示した「量の面白さ」を「質の面白さ」が超えられるかが2~4番のコンビのテーマといえます。

打てない大砲-5、笑い飯

その次の5、笑い飯は大喜利のように一つのテーマに対して二人がボケ合うことによって「大砲を何発も打ち込む」という質と量を兼ね備えたスタイルではありますが、こうして8年も出場しながら優勝できていないのは大砲が少なかったり、不発になったり、大砲を発射できるタイミングが偏りすぎてしまうせいです。彼らが大砲を持っていることは皆わかっているので毎年優勝候補に挙がりますが、やはり今年も何かがぬけてしまうのではないでしょうか。とはいえ、場がほどほどに暖まった上に質と量の提示が終わった段階のこの順番は中々よい順番だと思います。

手数勝負のもう一つの形-ハライチ

次に昨年までの「量の勝負」の新たな形の提示として6、ハライチが来ます。ナイツが提示した「量の面白さ」に「質の面白さ」が勝つか負けるかにもよりますが、「質」のコンビが続いた後のこの順番というのはかなり良い順番といえます。「やっぱり量の面白さが上だ」となるか「質に及ばない」もしくは「ナイツに及ばない」となるかが、注目したいところです。

直球勝負-7、モンスターエンジン・8、パンクブーブー

このあと7、モンスターエンジン、8、パンクブーブーと直球型が続きます。
ここまでのメンバーが質であれ量であれ、駄洒落を背骨としていたり、各人のキャラに頼ったり、言葉のまわし方で笑いを取ったりと変化球型であることにくらべて、彼らはの直球型といえます。
量の勝負であるナイツはカーブ、スライダー、シュートなど多彩な変化球を使うタイプだとすれば質のコンビたちというのは、尋常じゃなく落ちるフォークやナックルなどを磨いたメンバーです。そういったメンバーが続いた後でストレートの球威で押す2組が続くのです。

まず7、モンスターエンジンですが、残念なことに彼らはパンクブーブーのかませ犬になりそうです。
昨年のM-1、今年のC-1と連続で決勝に上がってる彼らですが、ネタ全体を通しての流れがよくありません。というのも大砲が出るタイミングが滅茶苦茶で、突然面白いことを行ったり、その直後につまらないことを言ったりとイマイチ安定していないのです。これは、たぶんまだ彼らが「何が面白いのか」と「自分たちの武器は何なのか」を見定められていないからです。彼らには2年後、3年後期待です。

こうして変化球による量と質の提示がされ、やや早めくらいの直球を投げたモンエンが綺麗に弾かれたあとで剛速球を投げる8、パンクブーブーの登場です。今年ネタ順で最も恵まれたのはこのコンビでしょう。変化球を楽しんだ観客たちは間違いなく気持ちのいい剛速球に胸を躍らせるはずです。

というわけで、ネタ順に恵まれたのは8、パンクブーブー1、ナイツ5、笑い飯6、ハライチといったところでしょうか。

ちなみに、敗者復活組みは剛速球タイプがくれば最終決戦に進むチャンスがありそうです。
質のコンビではパンクブーブーの剛速球の後では霞んでしますのです。8組終了時点でパンブーがトップだと思いますが、そこまでの7組の勝負をパンブーがぶった切った流れのまま剛速球型がくればパンブーとの比較になり、自然とスコアは高くなるでしょう。

■順位予想

1. ナイツ
トップバッターと言うのは毎年基準のスコアがつけられます。
だから、彼らが何点か、という事にたいした意味はないのですが、おそらく昨年と同じかそれ以上の水準のネタをして大体90点台前半のスコアがつくと思います。ここからは「ナイツより上か下か」が基準になります。

2. 南海キャンディーズ
僕は山ちゃんが好きなので最終決戦に行ってほしかったのですが、残念ながら順番が悪すぎます。
ナイツのスピードと比べてあまりに遅く、強めの大砲を何発か打ち込むだけでは絶え間なく笑いを生むナイツと比べて会場の雰囲気で見劣りしてしまい「ナイツより下」と判断されてしまいそうです。

3. 東京ダイナマイト
ここ最近の彼らの漫才は見ていないので未知数ですが、彼らは漫才なのに刀を持って登場(「刀もってきぞー」って言うだけのために!)するようなコンビで、たぶん優勝のために自分たちのスタイルを捨てるタイプではないので、印象には残るけど笑いは積んでこなそうです。もう一つはツッコミが弱い、という問題があります。これは実力的にとかフレーズとかではなく、ボケに対して突き放す形で引いて突っ込むので、ザワザワとした笑いはうまれますがドカーンと笑いは取れないのです。

南海よりは高速だけど、威力は低いということで、南海よりちょっと低い点数くらいでしょうか。
正直一番未知数で、予想が外れるとしたらここだと思います。

4. ハリセンボン
このコンビは面白いことは間違いないですが、漫才の骨組みが彼女ら自身のキャラをいじるとこにあると言う点と、しかもバラエティでもそれと全く同じキャラで笑いを取っていて真新しさがないというのが致命的です。漫才のテンポも悪く、高スコアは望めそうもありません。東京ダイナイマイトより下ではないでしょうか。面白いけどそもそもM-1向きではありません。

5. 笑い飯
上に書いたように質のメンバーがナイツに敗れ去った後にスピード感のあるネタを見せられればチャンスはありそうです。しかも穿った見方で申し訳ないのですが、毎年彼らのスコアは甘い気がします。それは「いや、最終決戦ではもっとすごい核兵器のようなものを出すんじゃないか」という期待をさせる雰囲気を彼らが持っているからです。スコアは南海より高くナイツよりやや低いくらいでしょう。

6. ハライチ
前に書いたように僕は大嫌い(理由はコチラ→M-1予想②ハライチ)なのですが、彼らのスコアが最も難しいです。まず、質のコンビが続いた後にスピード勝負ができる点で優位です。特にこの時点でナイツがトップであれば今年も「量」の勝利ということで、その期待に応える彼らはスコアが高くつくはずです。

彼らのネタはほとんど掛け合いがなくフリとボケの連発という点ではナイツと同じです。しかも形として新しいと言う点ではナイツより評価されるでしょう。問題はナイツがボケの連続の間にさまざまな変化(スマップネタでは「木村庄之助」というべきところを一回「木村拓也・・・いや、庄之助」とあえて言い換えるところなど)やネタを壊すところ(最終的に駄洒落ですらない下ネタになる)、天丼、スカシ、ツッコミフレーズ、あるあるネタなど、駄洒落と言う骨組みに他さまざまな技術を乗せるのに対して、ハライチにはそれがあまりないと言う点です。ただし、これは昨年までの事で、今年何回か見たテレビ番組で見たところノリボケが天丼をしていたので、決勝に来ているということは他にも何かしらの工夫が入ったのかもしれません。(個人的には坊主の方がフリ返して、おかっぱの方がそれに対してスカしてフリ返すとかやってほしいです。)

というわけで、彼らはナイツと同点かそれ以上になると思います。
ただし、フリ側のオカッパ頭が誘い笑いをしたり、それに類する素人的な態度で臨んだらたぶん最下位争いの点数になります。

7. モンスターエンジン
彼らについては上にも書いたように、まだ未成熟なのでここは最下位争いでしょうがありません。神々の遊びは大好きです。(←フォローのつもり)

いろんな方の予想記事を読んでいると、モンエンを優勝と予想している方が結構います。この1年で大成長したんでしょうか。それはそれで楽しみです。小さなことかもしれませんが、関東出身の僕はモンエンのような関西弁は聞き取りづらいです(もちろん関西人の友達もいます)。ああいうコテコテ(と言っていいのかわかりませんが。)の関西弁では関東の人は結構聞くのに苦労してしまって笑いどころを逃してしまう気がします。今年モンエンは準決勝関西会場で相当ウケたようですが、本番の客は関東人なのでそこにギャップが生まれるかもしれません。

8. パンクブーブー
この時点でハライチかナイツが首位であり、ナイツの安定感を考えれば最終決戦もナイツが勝つとなりそうです。
しかし、M-1という物語上昨年と全く同じものが優勝すると言うのは考えにくいです。
変化球投手の技術に酔い、直球だけど物足りないモンエンの後に、「マイクを挟んで丸腰の男二人が与太話をしてるだけなのに面白い」というまさに正統派が来れば高得点は間違いありません。

9. 敗者復活戦勝者
この枠はどのコンビがあがるかでも随分変わるのですが、が上がってくると信じて予想します。
磁石の二人は、本当に「漫才という演技」がうまいです。セリフに淀みがなくボケる時のイントネーションやテンション、それに対するツッコミの勢いと熱量が見事なバランスです。
パンブーとの優劣はつけ難いですが、ボケの質も高くスコアとしてもパンブーと同等になるはずです。
ちなみに磁石以外であっても、敗者復活は毎年ちゃんと面白いコンビが出てくるので上位には行くでしょう。

というわけで決勝戦の順位予想は以下のとおりです。

1位 磁石
2位 パンクブーブー
3位 ハライチ
4位 ナイツ
5位 笑い飯
6位 南海キャンディーズ
7位 東京ダイナマイト
8位 ハリセンボン
9位 モンスターエンジン

(やっぱり磁石贔屓になってしまった。。)

3位から5位は入れ替わってもおかしくありません。
敗者復活が磁石でなかった場合は3~5位と敗者復活の4組で最終決戦進出の2枠を争うことになるでしょう。あとハライチが余計なことをした場合はハライチが最下位で、他は一つずつ繰り上がります。
パンブーが大失敗しない限りはこの順意予想は自信ありです。 (これで大はずれだったらお笑い関連の記事書けなくなっちゃうなぁw)

さて、あとは当日を待つのみ。当日は敗者復活も放映するそうなので、テレビ見ながらどんどん感想を書いていこうと思います。

僕は審査員の特徴を予想にいれてないとこに穴があるかもしれません。例えば松本は基本的に点数が低くふり幅も小さい=評価の重みが低い、だったり中田カウスは気に入ったコンビに点数をあげすぎるなどなど。でもこればっかりは予想できないかな。そういえば審査員には大阪の大御所が2,3人毎回入るし紳介も松本も関西人であることを考えると関東人が感じるモンエンの「聞き取り辛さ」は無くなってしまうのかな。というか聞き取りづらいと思ってるのがおれだけなのかな?

アーー!ともかく楽しみだ!

|

« M-1 2009 決勝進出者決定 | トップページ | 京都朝鮮第一初級学校に在特会が抗議 »

お笑い」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
細かく分析されていて楽しく読ませていただきました。

準決勝行ってきたんですけどモンエンは去年より全然面白かったですよ。
あと、磁石は会場のウケもかなりよかったのに落ちてしまって私も残念です。
磁石、上がってくるといいですね。では失礼いたします。

投稿: お笑い | 2009年12月14日 (月) 16時45分

お笑いさん

コメントいただきありがとうございます。
モンエン、面白かったですか。面白いほうで予想を裏切られる分には大歓迎なのでM-1の楽しみが増えました!

磁石は今年こそはと思っていたのですが・・・。
あの面白さで一回も決勝にあがることがなかった残念すぎますよね。

では、当日を楽しみに待ちましょう!あと少しです!

投稿: ckaraza | 2009年12月16日 (水) 04時38分

ほとんど自分と同じ予想をしていて驚きました。
私も磁石が復活してくることを期待してやみません。

投稿: にんげん | 2009年12月17日 (木) 20時23分

>にんげんさん

コメントいただきありがとうございます。
いよいよ今日ですね!磁石が上がってくることを祈りつつたのしみましょう!

投稿: ckaraza | 2009年12月20日 (日) 02時08分

僕は、(かなり素人な意見ですみませんが)東京ダイナマイト優勝か磁石(あがってくれば)だと思います。
突っ込みがぼけたり、面白い反応をする掛け合いが秀逸なコンビが好きなのでハライチはないかなぁ(わかりませんが)
と感じます。
なにはともあれ楽しみだ・・・・。

投稿: こてこて | 2009年12月20日 (日) 06時36分

笑い飯の鳥人が炸裂\(◎o◎)/!

投稿: ひとし | 2009年12月21日 (月) 12時09分

>こてこてさん

僕も掛け合いをするコンビのほうが好きですね。ハライチは新しい漫才の形ということで評価はされるのではないかと思ってました。
磁石は残念ながらあがってきませんでしたね。来年こそは、と願いながらまたM-1を心待ちにしましょう!

投稿: ckaraza | 2009年12月22日 (火) 09時12分

>ひとしさん

鳥人は面白かったですね。M-1は2本やらなきゃいけないんだからもう1本あのレベルのネタ用意できていれば優勝だったのにもったいなかったです。

投稿: ckaraza | 2009年12月22日 (火) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257139/32577479

この記事へのトラックバック一覧です: M-1 2009 順位予想:

» キングコング M-1 [ニュース特集!!話題のニュース]
私はもう二度とM-1を見る気が無くなりましたがみなさんはどうですか? 私はもう二度とM-1を見る気が無くなりましたがみなさんはどうですか?紳助のM-1での発言は審査委員長としてやってはいけないことでしょう。上から言われたか率先して媚びたのかは知りませんが、とにかく吉本に優勝させたいというやつのワガママだけが見え透いて実に不快でした。最後の「ノンスタイルの圧勝」「昨年よりはるかにレベルが上」というのは、視聴者を完全に馬鹿にした発言です。M-1後の各番組での評価において、いずれもオードリーがノンスタイ... [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 05時13分

« M-1 2009 決勝進出者決定 | トップページ | 京都朝鮮第一初級学校に在特会が抗議 »