« M-12009予想②ハライチ | トップページ | 【少女漫画】ハチミツとクローバー(羽海美チカ) »

議論すら成立させずに勝利をつかみ取る単語

昔から僕に対する褒め言葉としてよく言われたのが「感受性が強い」という言葉でした。
僕はこの言葉が大嫌いで、それを言われるたびに妙な反抗心ばかり覚えたものでした。
大人になった今でもこの「感受性が強い」という言葉の意味はわからないし、そういう褒め言葉をかけてくる人を信じちゃいけないなという気分はあります。

何が言いたいのかというと、「感受性」という単語を使う人というのは「感受性」に含まれる多くの要素を自分の言葉で説明しようとせず曖昧なまま納得してしまっている残念な人だ、という事です。
しかもこの言葉を使うと「自分には感受性がある」という状態を作り上げて優位に立つこともできます。

似た用法の言葉として「本質」という言葉があります。
例えばある漫画を読んで「面白くなかった」と感じた人に対して「君はあの漫画の本質がわからなかったんだね」と言ってしまえば優越感に浸れること間違いなし。
本当にもう言ったもん勝ちの言葉で議論で負けそうになっても「お前は本質がわかってないね」の一言であっという間に勝てます。

あとは「センス」もずるい言葉ですね。
「センスないな」と一声かければ即不戦勝。

僕はこれらの発言をする人は自己陶酔のまま年老いて死ぬ人だと思っているので接触をさけるようにしています。
それすらも彼らの自己陶酔をさらに絶頂へと向かうだけなので癪ですがしょうがありません。

皆さんも議論に勝ちたかったらこう言い放ちましょう。
「お前は感受性がないから本質をつかむセンスがないんだな」

自分で書いてていらっとしてくるなぁ。

|

« M-12009予想②ハライチ | トップページ | 【少女漫画】ハチミツとクローバー(羽海美チカ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257139/31867966

この記事へのトラックバック一覧です: 議論すら成立させずに勝利をつかみ取る単語:

« M-12009予想②ハライチ | トップページ | 【少女漫画】ハチミツとクローバー(羽海美チカ) »