« 笑いの分析⑬~自虐~ | トップページ | 心が動いた日の事は書いておきたい »

その時までサヨナラ(山田悠介)

著者は日本語が下手です。でも作家として有名な方です。
僕もだいぶ昔にどれか一冊読もうとしました。でも言葉の誤用にイライラしてしました。数ページで読むのをやめました。

もしかしたら今なら読めるかもと思いました。ダメでした。
言葉の誤用のせいではありません。
こういう文体だからです。

この人は場面の様子を伝えるのが下手です。一文で済むことを何個にもわけます。
子供の作文みたいです。読んでて疲れれるうえにテンポが悪くとても不愉快でした。

なのでまた数ページでやめちゃいました。

僕の思考が緩慢になって、複雑な文章を読めなくなったらまたこの本を開いてみます。
―その時までサヨナラ。

|

« 笑いの分析⑬~自虐~ | トップページ | 心が動いた日の事は書いておきたい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

僕が本屋の過大広告を鵜呑みにして誤って購入した山田悠介の作品をうちの姉に貸したところ、「楽しかった」と言っていました。

そのせいかわかりませんが、今では姉と僕は別の姓です。

投稿: yt | 2009年10月14日 (水) 01時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257139/31729358

この記事へのトラックバック一覧です: その時までサヨナラ(山田悠介):

« 笑いの分析⑬~自虐~ | トップページ | 心が動いた日の事は書いておきたい »