« 【少女漫画】君に届け(椎名軽穂) | トップページ | 【少年漫画】H2(あだち充) »

【青年漫画】3月のライオン(羽海野チカ)

編集 | 削除
「ハチミツとクローバー」で有名な羽海野チカによる将棋漫画。

主人公は両親を事故で亡くし父の友人である棋士に育てられ、自分の居場所を守るために将棋に没頭して、史上4人目の中学生棋士となった高校生の桐山。
中学を卒業して高校にはいかずプロの棋士として生きることを決めて養父の家を出たのになぜか1年遅れで高校に通い始める。家族を亡くした時から桐山には居場所がなく、将棋が強くなったことで養父の子供たちから恨まれ、せっかく高校にはいっても昼飯を一人で食べている。

そんな彼と、隣町に住む同じように両親を失った3姉妹が出合い少しづつ居場所を見つけていく。

話の大枠は温かく、そしてちょっとクサい。
でもこの漫画の魅力は主人公を取り巻く周囲の人たちの物語、キャラクターの味にある。
養父の実の家族は桐山が現れたことで壊されてしまう。子供たちは荒れ執拗に桐山を孤独に追い込む。それでもなお将棋が強いことで自分を愛してくれた養父さえも棋士として対局することになり・・。
ライバルとして登場する二階堂は腎臓を患って常に健康と戦っていながら無駄に明るく熱く、どこか冷めたところのある桐山の心を荒らして、桐山が閉ざしている部分をこじ開けていく。この二階堂のモデルが実在した「村山聖」という棋士であることを考えると、この先の展開があまりにも怖く、つらい。
3姉妹にも両親がいないようで、桐山と似た境遇でありながら強くまっすぐでそしてどこかおせっかいだけど、人とかかわることが苦手な桐山が惹きつけられるようにその家を訪れるようになってしまう。

題材は将棋ではあるけれど「ハチミツとクローバー」と同じように天才・孤独というキーワードを使って描かれる心の交流に胸が熱くなる漫画。
ただし、作者特有の心象風景の描写がハチクロの頃より分量が増えすぎていて、慣れない人にとっては相当うっとおしい感じになってそう。何事も過ぎたるはなお及ばざるがごとしですよ。
点数:70点

|

« 【少女漫画】君に届け(椎名軽穂) | トップページ | 【少年漫画】H2(あだち充) »

漫画レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257139/30960747

この記事へのトラックバック一覧です: 【青年漫画】3月のライオン(羽海野チカ):

« 【少女漫画】君に届け(椎名軽穂) | トップページ | 【少年漫画】H2(あだち充) »