« 【青年漫画】3月のライオン(羽海野チカ) | トップページ | 【少女マンガ】ちはやふる(末次由紀) »

【少年漫画】H2(あだち充)

編集 | 削除
「タッチ」と並んであだちみつるの代表作といえる野球漫画。

中学時代同じチームで野球をしていたピッチャーの比呂と4番打者の英雄。しかしひょんなことから二人は別の高校に行くことになってしまう。英雄は名門高校期待の打者として1年時から4番を任され、期待に応える活躍をする。一方比呂は、同じく中学のチームメイト野田とともに野球部がない高校に、新たに野球部を設立して甲子園を目指す。

物語は比呂を中心に様々なメンバーが集まって強くなっていく行く千川高校と、名門高校で4番を打ちあっという間に人気者になる英雄の対比を中心に進んでいく。

そしてあだち充お得意の、家が近くて勉強も出来て美人で完璧な女であるひかりが比呂の幼馴染として登場する。ところが他の作品と比べてH2が独特なのは、ヒロインであるはずのひかりが、主人公比呂の敵としてはだかるであろう英雄と付き合っている点である。さらに比呂がいる千川高校に"ともかくただの野球好きマネージャー"として春華が登場して、比呂への恋愛感情をあらわにしていく。この春香も、いつもの"あて馬"の役割として読者に邪魔がられる存在として登場したわけではなく、正当なヒロインのように描かれているのである。

野球漫画というよりも恋愛漫画といっても良いくらいで、比呂と英雄の間でゆれるひかり、どんなに頑張っても幼馴染の二人の関係に追いつけず焦る英雄、一途に比呂を追いかけるがひかりに叶わない春香、最後までに読者に気持ちをよませない比呂という4人の気持ちを軸に話はすすむ。
ともかく、あだち充っぽいとしか表現できない淡々としたやり取りから真意を読み取る楽しさが終始満ちていて、ある意味では最も少女漫画のような少年漫画だと思う。

そして高校3年の夏、ついに比呂と英雄が戦う時が来る。この漫画が野球漫画という言葉だけでくくれない理由がこの試合にしっかりあらわれている。
この試合、比呂は「ひかりのことが好きだ。」といい英雄は「絶対に渡さない」と言い、試合の結果をそのままひかりへの思いとダブらせて試合に臨む。
最終打席まで英雄との対決を避け続ける比呂。そして最終回に二人の"はじめての対決"の場面が訪れる。
ふつうの"野球漫画"であれば、主人公とライバルの対決は9回裏2アウト、ホームランが出れば逆転という場面で訪れるはずである。ところがこの試合千川が2-0とリードした場面で対決を迎えるのだ。つまり、二人の対決の結果にかかわらず試合は千川の勝ちになると分かり切っているのである。(英雄がホームランを打ったとしても、その後のわき役たちが打つはずがない。)

このスコアが、この物語のもっとも優れた仕掛けだと思う。一打逆転の場面では比呂は"わざと打たせる"事はできないが2-0ならできるのである。つまり比呂に、ひかりを選ぶか春香を選ぶかという権利が与えられているといえる。

二人の対決の結果については伏せる。最後の一球、「スライダー」のサインを出したはずの一球がなぜ曲がらなかったのか。その理由を想像することが、この漫画の一番のポイントだと思う。

読む人によって解釈は何通りもできる。おれは次のように読み取った。
比呂は試合前確かに「ひかりの事が好きだ」といい英雄に対して敵意をむき出しにする。しかし、物語の流れからは春香の事を好きになっているのでは?と思われる描写が度々あるのだ。相方のキャッチャー野田にも「本当に好きなのか?」と何回も聞かれる。

比呂の気持ちは「ただ英雄と野球の勝負がしたかった」だけで、恋愛を持ち込む周りにうんざりしている思いがあったのでは?という気がしている。いや、"野球なんか関係なく気持ちはもう決まってるんだよ"と思っていたのかもしれない。
ところが英雄はグラウンドに恋愛を持ち込んで勝手に燃えている。つまり、本当は春香の事を好きになっている比呂にとって、「ひかりの事が好きだ」という挑発は全力の英雄と戦うための手段に過ぎなかったのだろうか。

読み方は何通りもある。試合後に宿舎で「夏色」を歌っている比呂からはその思いを読み取ることはできない。全てを分かっていたようで、全てを知らないのかもしれない。

もう一度読み返した時にはまた違った見方ができるかもしれない。だからこそ、ただの野球漫画としてとらえるにはあまりに惜しい作品だと思う。

点数:88点

→あだち充の最高傑作だと思うんだけど世間の評価はそうでもないのですな。

|

« 【青年漫画】3月のライオン(羽海野チカ) | トップページ | 【少女マンガ】ちはやふる(末次由紀) »

漫画レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257139/30960786

この記事へのトラックバック一覧です: 【少年漫画】H2(あだち充):

« 【青年漫画】3月のライオン(羽海野チカ) | トップページ | 【少女マンガ】ちはやふる(末次由紀) »